文章を書ける事に憧れた人のブログ

長く喋りたい時に使う

山田孝之になりたかった。

1月も終わる頃、大雪に見舞われるという都内では信じがたい天気予報が発表された。
雪とその景色が大好きな自分にとっては吉報だった。
普段の出勤・退勤用の装備に遊び用の靴下と手袋を鞄に詰め、念の為のニット帽もポケットに入れウキウキも抑えずに家を出た。

昼休みには雪が降り始め上層部により帰れる人は帰れと指示が出た。
まだ積もらないだろう、大丈夫だろうという人を尻目にこれは絶対積もるタイプだと確信した私はいち早く退勤、雪が降り積もっていく中帰る事となった。

最寄駅から家までの徒歩20分、ここが今日の私のライブ会場だ。
そう言わんばかりに踏まれてない箇所を踏み、
頭に積もる雪を振り払いながら坂という坂を駆け上がった。
この世の誰よりも雪を楽しんでいるという自信があった。

 

自分の家近くの空き地を駆け回る犬を見るまでは。

 

初めて雪を見たのだろう、
空から降り注ぐ輝きと同じようにその瞳を輝かせ、足元に撒かれた雪の絨毯に一歩走る度歓喜し毛に纏わりつくのも厭わず駆け回っていた。

 

いつもの精神状態なら微笑ましい犬だと笑えただろう。
動画にしたらどこぞやのSNSで映えそうだと流せただろう。

 

しんしんと心に日常生活のストレスを降り積もらせていた影響かは分からない。
朝から今か今かとウキウキしていた影響かも分からない。
自分が一番楽しんでいる物だと思っていた物を他の誰かがもっと楽しんでいる事にとてつもない嫉妬を覚えてしまったのだ。

熱量を比べる事は決して出来ない。
だがこんなにも装備を準備した私よりも毛以外はほぼ裸の犬の方が雪に祝福されているような気がしたのだ。

 

羨ましい、この雪に祝福されたい。
あの犬の方が雪を楽しんでいるなんて。
私の方が雪を楽しんでいる。

 

心に降り積もらせた嫉妬心を払うが如く大地を蹴っていた。

この時某モンスターハンターのCMを思い出していた。
「モンハンゴッコしようぜ!!」と心のワクワクを抑えきれず地を蹴り石を投げ土を掘る山田孝之のCMを。

今の私に必要なのはあの勢い、あの無心さ、あの無邪気さだ。
何かを仕掛けるわけでも無く空き地へ駆け出した私に気づいたのか、雪のキラキラと共に犬が振り返った。気づくべきだったのだ、「楽しむ」という土俵に勝敗を持ってきた時点で私の負けだったのだと。

 

「お前もパーリーかよー!!!!」と言わんばかりの犬の体当たり。


倒れこむ私の周りを「この絨毯!!マジトランポリン!!!!」と跳ねる犬。


謝る飼い主。山田孝之になれなかった私。

 

トボトボと帰宅しガスヒーターで体を温める。
スマホには帰れないという旨のメッセージが家族から入っていた。
テレビを付けると入場規制となった駅と帰宅困難者が映し出され、そして先ほど思い浮かべたあのCMが流された。


私も山田孝之になりたかった。