文章を書ける事に憧れた人のブログ

文章力を上げる為に1ヶ月1回と考え、2018年は12個何か描く

自信が無い。とてつもなく。

自信が無い。とてつもなく。
生きる事に対する自信が毛程も無い。

 

取り柄があるわけでも特技があるわけでもなく、
でも欲しいからと色々手を出すが大体60%ぐらい出来るようになった時点で0%の何も無い状態を拭えた気になる。
そこからは60%でしかない技術とそこでの人間関係を同じく60%ぐらいの力でダラダラ続ける。
そしていざ100%が必要な時に出し方が分からず60%を100%に見せるようにして誤魔化す。

付け焼刃の100%は失敗に終わり、60%あった自信は良くて半分悪けりゃ0%に戻る。
繰り返すうちに60%ですらどうせ0%に戻るからと身に付けるのが億劫になる。

自信がある人は100%出せなかったとしても60%も出来たと自分を褒める。
そもそも40%出来なかった事が眼中に無い。
そして61%出来た時の1%を尋常じゃないぐらい褒めちぎる。
私はそれが羨ましい。自信の無い私にとって100%が出来なかった事は0%と同じだ。
前より1%出来たとしても「×0%」なので無価値に感じてしまう。

自信がある人の「出来なかった事が眼中に無く、1%を褒めちぎる」所を
頭では分かっている。行動にも移してはいる。
どうしても心がついていかない。私は私に価値を上手く付ける事が出来ない。

 

人間関係もそう、私は自分の価値を上手く計れる人の足枷になりたくない。
間違った情報を与えて混乱させたくないし、相手の価値の根幹となっている部分に触れて傷つけたくないし、自分の自信の無さを見てそこまで考えなくてもという不快な思いもさせたくない。

人は間違う、主張もころころ変わる。
混乱させたら解けばいいし、傷つけたら謝ればいいし、不快にさせたら離れる事を選ばせれば良い。

分かってはいる。
それでも価値の無い私が相手に考えたりする手間を取らせる事自体がプレッシャーに感じてしまう。
この文を書いている間も最初の方と主張が変わっているんじゃないかとビクビクしている。

 

きっとこの感覚を抱えているのは私だけではないのだろう。
「己の価値とは」を複数人で書いて混ぜて神経衰弱をしたらペアが出て余りあるぐらい
人の価値というのは似たり寄ったりで上手・下手という程度ぐらいの差しかない。

自身がある人はこのカードをたくさん書く事が出来る。
似たり寄ったりだとしても自分を形成している物だからと。

自身が無い人間は1枚を絞り出す。
似たり寄ったりの価値は自信が無い自分を誤魔化す為装備だ、己の価値ではない。
今もこうして自信の無い自分を肯定する事で「自信が無い」という価値をつけようとしている。

自信が無い。とてつもなく。
そこに価値を見出したいと思うぐらいに。